公演・イベントスケジュール

第33回としま能の会 大般若
三蔵法師 シルクロードの奇跡

  • 伝統芸能
公演日
2020年 12月18日 (金)

七度死んでも生まれ変わり、仏法の真理を追い求める三蔵法師。
その情熱が、ついには神をも守護(みかた)にする!
奇跡の瞬間を描いた一大スペクタクル。

あらすじ・解説

~「大般若」あらすじ~
大般若経を求めシルクロードから天竺へ向かう途中、三蔵法師は西域の大砂漠、流砂河(りゅうさが)に差し掛かり、行く手を阻まれる。そこに現れた男に、どのようにして渡ればよいかと尋ねると、この河や、向こう岸の山を越えて行くことがいかに難しいかを教えられる。 しかし三蔵は困難を前にしても尚、大般若経を持ち帰り、仏法を中国に拡める決心を表明する。 すると男は「この河の主である深沙(しんじゃ)大王が、志を試すため、これまで7回命を奪っていた」と三蔵の前世を語る。七度の死を超え、それにもめげず仏法を拡めようという姿にうたれた男は、「この河に住んで久しい深沙大王とは自分である、今度こそ経典を与えよう」と言って姿を消す。 やがて天地に美しい音楽が鳴り響くと飛天の姿をした菩薩が現れて舞い、大龍、小龍が三蔵を拝する中に、大般若経の入った笈(おい)を背負った深沙大王が勇壮に現れる。深沙大王は笈を開いて三蔵とともに経文を読み上げ、この経の守護神になろうと約束すると笈を与える。三蔵は喜び笈を背負って流砂に向かうと河は二つに割れ、三蔵は易々と渡り、深沙大王は見送る。

能の見どころ

復曲能「大般若」は室町期に作られ、長らく上演の絶えていた作品ですが、1983年(昭和58年)に国立劇場大劇場にて四世梅若実により復曲上演されました。七度死んでも生まれ変わり、仏法の真理を追い求める三蔵法師の情熱が、ついには深沙大王という神様をも守護(みかた)にしてしまう、奇跡の瞬間を描いた一大スペクタクルです。複式夢幻能に代表される、優美な能のイメージを鮮やかに塗り替える、ドラマティックで華やかな舞台をお楽しみください。

仕舞・狂言の見どころ

伝来の宝珠を取り戻しに、海底の竜宮城に潜る海人の女。名作「海人」の一番の見どころを紋付袴姿で舞う宝生流仕舞「玉之段」。 萩の花に因む和歌を所望された大名が巻き起こす珍問答、狂言「萩大名」を昨年文化勲章を受章された豊島区名誉区民・野村萬師と万蔵、万之丞による親子三代の出演でお楽しみ頂きます。

演目・出演者

解説 観世喜正
宝生流 仕舞「玉之段」 / 和久荘太郎
和泉流 狂言「萩大名」 / 野村 萬・万蔵・万之丞 
観世流 復曲能「大般若」/ 観世喜正 

主催:公益財団法人としま未来文化財団・豊島区
助成:令和2年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
東京芸術祭2020特別公演

※本公演は5/9(土)に予定しておりました東京芸術劇場公演の振替公演となります。

公式サイト

「第33回 としま能の会」公式サイトはこちら

無料配信の「能楽講座」情報、「観世喜正さんスペシャルインタビュー」など最新情報は公式サイトをチェック!

公演カレンダー

※開場は開演の60分前

チケット購入

料金(税込) [一般] S席:4,000円 A席:3,500円 B席:2,500円
[豊島区民割引] S席:3,800円 A席:3,300円 B席:2,200円
[学生割引] S席:2,000円 A席:1,500円 B席:1,000円

※豊島区民割引(在住・在勤・在学)は前売のみ取扱い。引換時に証明書要提示
※学生割引は入場時、学生証要提示
※未就学児入場不可
※車椅子でご来場の方は、事前にとしまチケットセンターまでお問合せください。
チケット発売日 2020年10月10日(土) 

としまチケットセンター

  • ※24時間受付、座席選択が可能です。
  • ※発売日は10:00より受付開始いたします。
電話で予約・購入 0570-056-777
10:00~17:00(臨時休業あり)
窓口で購入 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-20-10 としま区民センター1階
10:00~19:00(臨時休業あり)

その他の情報

としまチケットセンターからのお知らせ

今回の公演は、電子チケット「モバパス」引取がお選びいただけます。
初めて「モバパス」をお使いの方はこちら 詳しいご利用方法はこちら

最新情報

最新情報はこちらの公式サイトにてご確認下さい。

東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)へご来場される皆さまへのお知らせとお願い(新型コロナウイルス感染症COVID-19対策について)

詳細はこちらから

お問い合わせ先

としま未来文化財団 事業企画グループ
TEL:03-3590-7118 (平日10:00~17:00) ※臨時休業あり