ウェブアクセシビリティ

東京建物 Brillia HALLでは、「年齢や障がいの有無を問わず、誰にとっても分かりやすく利用しやすいホームページの実現」を目指し、ホームページのアクセシビリティの維持・向上に努めています。2016年3月22日に改正されたJIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に基づき、以下のとおりアクセシビリティ方針を定めます。

対象範囲

東京建物 Brillia HALL公式ホームページ(https://toshima-theatre.jp)全体

目標とする適合レベル及び対応度

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに配慮
「配慮」という対応度の表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン - 2016年3月版」で定められた表記による。
(URL http://waic.jp/docs/jis2016/compliance-guidelines/201603/)
東京建物 Brillia HALL公式ホームページでは、期限までに試験を実施し、準拠することを目指します。

目標達成期限

2019年10月31日

例外事項

以下については対象範囲外とします。

英語ページ

Googleマップ

Googleマップで提供される地図情報については可能な限りテキストでの代替情報を提供するようにいたします。

PDFファイル

可能な限り達成基準に配慮して作成いたしますが、現状ではすべてのPDFファイルへのウェブアクセシビリティへの対応は、情報量及び技術的な観点から困難なため、対象範囲に含めません。

動画ファイル

動画ファイルについては、可能な限りテキストでの代替情報を提供いたしますが、現状ではすべての動画ファイルへのウェブアクセシビリティ対応は困難なため、対象範囲に含めません。